ホーム » 2019 » 9月 » 08

日別アーカイブ: 2019-09-08

日本各地の神社と自然からの気付き

2008年から日本各地への旅がスタートしました。

それまで自分の運転での遠出はほぼしたことがなかった。今では当たり前のETCも付いてなかったので、遠出するために付けたり、そのころはまだナビもついてなかったし、iPhoneも使ってなかったころだったので地図を使ってましたね。

日本では遠出したことなかったけど、アメリカにいたころには日本から誰か遊びに来た時や自分たちがアメリカ内を旅するときには車だったからよく運転はしてました。初めて留学したときには、学校が始まる前に友だちの結婚式があったので、詳細は覚えていないのだけど、誰かと合流するために指定されたところへ空港でレンタカーをしていきなり4車線のハイウェイに乗り、それも途中でハイウェイを乗り変えたりもしてたなぁ~

アメリカの場合は道路や通りの名称の出口だったり、ハイウェイに番号がついていて何番を東西南北どっちに向かうかがわかれば簡単だけど、そのとき指定された場所(誰かのお家)へ到着したときにはその家の人に驚かれました。(初めての土地でいきなりレンタカーして指定された住所にだとりついたから)

その2年後ぐらいだったかな?留学を終えて帰国する前にNational Park(国立公園)巡りをしたことがあったのだけど、カルフォルニアからアリゾナ、ニューメキシコ、コロラド、ユタ、ネバダと6つの州をぐるりと巡ったことがありました。

移動距離が半端なく、次の目的地の宿泊する場所や距離、時間を把握しておかないと到着が夜中になったり、宿を探すのが困難な場所だと危険なので予約はしなかったけど、ある程度の計画はして移動していました。

ガスステーションもあったときに給油しておかないとガス欠になったら大変なので、今みたいにネットもなかったから調べるといっても地図や人からの情報のみ

アメリカの場合州によってTaxの%が違うのだけど、ネイティブアメリカンのリザベーション(居留地)では更にTaxがかかる。当時はそんなことも知らなくて、そのときはナバホ族のところだったかな?そこに宿泊してすごいTaxをとらえて驚いたことがあった。

その旅で計画していたルートも計画通りにはいかず、あれはどこだっただろう?フォーコーナーズと言われるアリゾナ、ニューメキシコ、コロラド、ユタの4州が交差するところだったかな?突然Policeに車を止められ、銃を向けられた。

トランクを開けるよう言われ、車の中を確認された。そのとき近くで事件があったらしくその先の道がクローズされていた。となると、計画していたところへたどり着けなくなって、急遽計画変更

そうそう、書きながら思い出してきたけど、モニュメントバレーがその事件でクローズされていて入り口までは行けたけど中に入ることができなかったんだった。そして、アーチーズという国立公園に行くルートがクローズされてて行くことができなかったんだった。

ジョシュアツリー、メサヴェルデぐらいしか思い出せない、アルバム引っ張り出せば写真はあるけど、確か行った場所、距離と時間と宿泊場所等メモしたものを何年か前に片付けしててみつけたけど、どこにやったっけな?また探してみよう!

もう20年も前のことかぁ~

今その土地へ行ったらどんなことを感じるのかな?

Topの写真は、2010年ごろから行った旅先での写真、鎌倉とか近所の写真もまざっているけど、お気に入りの写真を集めてみました。

ここ2年くらいはあまり行ってなかったけど、7年くらいの間にどれだけの地を訪れたかな?今のところ47都道府県中行ってない県が4県で、秋田、山口、長崎、佐賀

制覇しようと思って旅していたわけではなく、気になるところへ行っていたら気付いたら残すところ4県になってたという

インスタにはとりあえず写真はアップしてたけど、あまり詳細は残してなかったなぁ~

ここの宿はよかったとかあるので、思い出しながらアップしてみようかな?

神社も気づけは御朱印帳が5冊目くらいになったかな?ほぼ主要な神社には訪れているので最近は初めましての神社がなくなってしまった。

この写真は、昨年行った神社を集めた写真

神社って自然の中にあるから季節によって緑やお花で雰囲気も違う

行く時間帯や人の多い少ないによってもエネルギーが違うし、自分の状態によっても行きたいと思う神社も違う(そのとき必要なエネルギー次第で)

よくスピリチュアルな人たちが呼ばれてるとか呼ばれたなどという表現をするの聞いたことある人もいると思うけど、ほんとうにあるんですよね。

どこかの神社へ行くと、次に行くべき神社のメッセージが来るというのが

神社へ行ったときに受け取る場合もあるし、日常生活の中で会う人、会う人がそこの神社の話をし始めるとかね。

私は青森の恐山がそうでした。(神社ではないけど)

友だちから、あるとき恐山行ったことある~?と聞かれたのだけど、そのとき初めて耳にしたのでした。そして、そのあとに何人かに恐山の話をされたので、行ってきました。

行ってすぐにこういうことだったのか?と気づく場合もあれば、何日後、何か月後、何年後かにこれってあのときのと気づく何かがある場合もある。

私は、そのときのその人にとって必要なエネルギーをもらいに行ってると思ってる。それがその土地に何か残してきてた過去世のエネルギーを解放しに行ってる場合もあるし、その土地に行って気付く何かがある場合もある。

ある朝目覚めたときにふと出てきた言葉丹生川上神社(にうかわかみじんじゃ)

このときもちろんそのような神社があることは知らず、このような字を書くことも知らなかったのだけど、言葉だけ降りてきたのです。調べてみると奈良にありました。

そのときすぐにはいかなかったけど、その何年後か近くへ行ったときにその神社があることを知り行きました。その何年後かには、大阪に住んでいた友人がそこの近くに移住し、そのあとも何回か訪れています。

このように体験したことなければ不思議だと思うけど、こういう経験をし始めるとそのことを簡単に受け取ることができるようになってくるのです。

そこで頭を働かせてしまう人は、何があるの?行ってどうなるの?などと考えてしまうと思うけど、感じるままに動くという意識になれるととりあえず行ってみようとなれる。

こういうことって、いろんなことに当てはめることができる。何か次の行動を起こす前に慎重に調べる人ととりあえず動いてみる人

考えたところでその通りになるものでもないから、その考える時間やエネルギーがもったえない。その分進む方にそのエネルギーを使ったほうがそれだけ多くのエネルギーを注ぐことができる。

このような考え方を体感させるために起こることもあると思う。

自分に意識を向けて、そのとき起きてることの捉え方を柔軟にすることで必要な情報やエネルギーが入ってくるようになってくるのです。

カテゴリー

2019年9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30