ホーム » 「野生の鹿」タグがついた投稿

タグアーカイブ: 野生の鹿

1年ぶりにトレッキング@日本百名山【大菩薩嶺】

体調が万全ではなかったので、しばらく行けていなかったトレッキング

昨年の7月に行った尾瀬以来で、山梨の日本百名山のひとつ大菩薩嶺へ行ってきました。

大菩薩嶺の頂上2,057m

数日前からお天気をチェックすると雨予報

完全に雨というより、曇りと雨マークがついたり消えたりしてて、当日の朝も雨マークはついていました。

5時に鎌倉を出発、出発時鎌倉は雨、お山の予報は雨マーク

とりあえず行ってみようということで登山口のある上日川峠へ向かいました。

すでに登山口で標高は1,600mなので、気温は15℃くらいだったかな?雨はまったく降ってなく、登り始めたのは9時ごろでした。

まったく雨が降るような気配もなく、少し歩くと汗ばんできました。

登り始めたころは寒かったので長袖を着ていたけど、すぐに必要なくなりました。

しばらくすると南アルプスの景色が見えてきました!

南アルプスの山並み

この景色大好き

そしてしばらく登ると目の前に鹿の親子がメッセージを届けに来てくれました。

鹿は神の遣いと言われていて、後で調べたら心のした声に従がいましょうでした。

鹿の親子

こんなにじーっとみつめてくれて、しばらく時間が止まっていました。

再び登ると今度は南アルプスだけでなく富士山まで顔をだしてくれました。

富士山

ほんとこの景色さいこーでした!

今は雪がまったくない景色、雪があるとまた違っていいだろうなぁ~

2時間くらいで、雷岩へ到着

雷岩

ここで軽食をとって休憩

まだまだ初心者のわたしたち、周りの人たちがどんなものを食べているのか気になる。

カップラーメンの人が多かったけど、ポトフのようなスープのようなものを食べている人たちもいました。

雷岩から少し行くと大菩薩嶺の頂上

そこで、みんな写真を撮ってました。よくインスタでみかける登頂したときの写真

大菩薩嶺の頂上はバックの景色はとくになく、雷岩で富士山バックに写真撮ってもらいました。

富士山をバックに雷岩で

ちょうどこのときは富士山が頭しかみえてなかったけど

雷岩から峰沿いに歩くと大菩薩峠

大菩薩峠

ここからは下山、すでに筋肉痛がスタートしていました。

やっぱり持ってくるべきだった、レメディのアーニカ


ホメオパシージャパンレメディー 新36基本キット (5)アーニカ30C・小ビン(0.8g)【ホメオパシージャパンレメディー】

運動する前後にとると筋肉痛緩和になるレメディ

運動後にとるといいのがラストックス


ホメオパシージャパンレメディー 新36基本キット (31)ラストックス30C・小ビン(0.8g)【ホメオパシージャパンレメディー】

なぜだか今回は大丈夫となんの根拠があったのかレメディは持参せず(笑)?!すでに筋肉痛がではじめて後悔

帰ってからすぐにレメディを探したけど、在庫切れだったのでラストックスのクリームを塗って寝ました。


日本豊受自然農 スパジリック ビー R 小(10g)【日本豊受自然農】

やっぱり山はいいなぁ~

しっかりグラウディングできた感じ

最近ふらふらしていてグラウディングできてないなぁと感じていたので

自然の中でエネルギーチャージ、神社でのエネルギーチャージとはまた違う感覚

ようやく体調も安定してきたので、苦しさがなかった。

体調がすぐれなかったときは、息が切れたり、筋肉が弱ってしまっていたのできつかったから。

そんな状態でも山へ登ってたんだけどね(笑)。

初めて山に登ったのは、いつだったかな?山登りを始めようと思って登りだしたわけではなく、旅行に行ったときにせっかくここに来たから登るか?という感じだったと思う。

オーストリアでお城に行ったときにそのまま登った覚えがある。何も装備なしだったけど(2002年ごろ?)

屋久島へ行ったときには事前に登ることになっていたから準備はしていったけど、屋久杉まで6時間くらいかかったかな?途中で雪も降って雪景色をみることができたのは覚えている。(2003年だったかな?)

今みたいに携帯に写真がないから写真をひっぱりださないといつだったかわからない。日付が入っているかもわからないけど

その後は定期的ではないけど、たま~に行く程度でした。

3年くらい前から年に1、2回程度、無理はせず楽しみながら行くようになりました。日帰りで

山小屋に泊まったりしてみたいとは思っているけど、まだ眠っている筋肉がたくさんあるので、ヨガを再開してからだ整えよう!

カテゴリー

2019年12月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031