ホーム » 「スターシード」タグがついた投稿

タグアーカイブ: スターシード

最近のコメント

    カテゴリー

    2020年9月
    « 5月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  

    心地よい暮らし、本来の自分を生きるサポート

    ライフスタイリストからスターシードへという記事を書いたけど、心地よい暮らしの提案はつづけたい

    今の自分自身の暮らしが心地いいから

    ライフスタイルとか暮らしっていったいどんなことを指すのか?わかりにくいことかと思うけど、日々の暮らしの中でなんとなく昔からの習慣のままやっているのか、意識して心地いいほうを選ぶようにしているのかによって生活の質が変わってくる

    洗剤やせっけん、化粧品など日用品、 タオルなど日常的に使うもの、服や下着など身に着けるもの、家の中や部屋の中で使うもの、 食材の選び方や食べ方、食事の楽しみ方、休日の過ごし方、趣味、自然に触れる、からだのケア、こころのケアetc…

    人に提案されなくても自分自身で選ぶことができることだけど、今ってすごい種類が豊富でネットで検索するとなると情報量が多すぎて迷ってしまい選ぶことをあきらめることだってある

    レビューが書かれているけど、いちいち読んでいたら時間だけがすぎていくし、その人の主観が入るからあてにならない

    実物のある店舗へ行ってみるにはあちこち足を運ばなくてはいけないし、定員さんに聞くとすすめられてしまい、断れない人は買ってしまう。

    自分自身で選ぶ目が鍛えられれば、むずかしいことではないのだけど、今までと違うものを選ぶとなるとはじめのうちはてこずる

    車の運転に似ているかな?

    まったく知らない、わからない状態から教習所に通い、学び、慣れて、免許が取れたら自分自身で運転をはじめるけど、最初は誰かに付き添ってもらう人がほとんえどだよね。そして練習を重ね、慣れてきたら一人で運転できるようになる。

    自分自身と向き合うことも、同じく車の運転と同じで、初めは知らないしわからないことだらけ

    少しずつ学び、体感して、慣れていく

    これには教習所の教官にあたる人が必要

    その教官の役割を私がしている

    心地よい暮らし(ライフスタイリスト)←三次元、物質界

    本来の自分を生きる(スターシード)←五次元、非物質界

    結局は自分でしかできないことなので、その作業は自分でやるしかないことだけど、自分のものにできるまでのサポートするのが私のお役目

    これで腑に落ちた。

    肩書はいらない、必要ないと思っていたけど、役割を明確にするためにはあるといい

    補足のための肩書きかな?

    前面に打ち出す肩書ではなく

    まあどちらも一般的ではないから、はてな?と思われるだろうけど(笑)

    このblogを書き始めて自分自身の確認作業ができている。

    以前に何回かやろうとしたけど、まだ私自身が変化の途中だったから全体像がみえていないときにやっても明確にはならない

    今回は自分でもある程度全体像がみえてきた感を書きながら感じられている。

    一つの物事を理解しようとしたときに、そのことだけで理解するのと大きくとらえてその一部としてを理解するのでは理解の深さが違う

    アロマ、ハーブ、ホメオパシー、フラワーエッセンスなどの自然療法で例えると

    私の場合、アロマ、フラワーエッセンス、ハーブ、ホメオパシーの順番で入ってきたのだけど、全部を使ってみて理解したことでそれぞれの良さがわかるようになった

    エネルギーの視点でみると、それぞれ波動の領域や粗さ、細かさ、繊細さが違う

    これは使ってみて、体感し、経験し、感じたことなので言葉では説明できるものではない

    良い、悪いはない、順位をつけるものでもない

    それぞれの良さがあり、相互作用もあるから

    このことを理解できれば、この症状にはどれ?こんな状態にはどれ?などという質問もなくなるだろう

    同じような症状でも人によってその原因となっているものの組み合わせが違うから

    からだの症状だけではなくこころの状態も大きく左右してくるから

    というわけで

    心地よい暮らし、本来の自分を生きるサポート

    以前から使ってきていたコンセプトに戻りました。

    ライフスタイリストからスターシードへ

    以前書いた記事でライフスタイリストの由来を書いたのだけど、ここ何年かはライフスタイリストと名乗ることがなかった。

    ライフスタイリストという肩書は気に入っているけど、どうも私が最近やっていることだとピンとこなくなってしまったから

    ライフスタイルを整えて、からだもこころも整えるというコンセプトでやってきていたけど、それだけでは補いきれなくなり意識、エネルギーや魂などの領域も扱うようになってきたのでライフスタイリストだけでは網羅できなくなってるというわけ

    今やっていることのほんの一部分はライフスタイリストの領域だけど、大部分をしめるのはスターシードとしての役割

    スターシードというのがよくわからない、なんのこと?と思う人が大半だど思うけど、アセンションに向けての必要な要因というのかな?

    アセンションするために、生き方を変えていく(変えるというか本来の自分に戻るだけだから還るという言い方が正しいかな)ためのサポートをする人たちのことの総評をスターシード、スターチルドレン、スターピープルなどと呼ぶ

    そのスターシードの中には、私たち世代のインディゴチルドレン、次の世代のクリスタルチルドレン、そして子供たちはレインボーチルドレンと呼ばれている。

    インディゴの世代は今までの仕組みや社会の在り方を壊す、破壊するのがお役目

    これは新しい生き方へ移行するために必要なこと

    一度壊さないと新しいものは再生されないから

    人に合わせることができず、うそがつけない(いい人を演じたり、思ってもないことを口にすることができない)

    感じたままを言葉にする(批判や否定をされる)

    枠にはまった生き方ができない(会社や組織のやり方に合わせることができない)

    インディゴは、破壊して再生してレールを作るところまでやり、そのあとのクリスタルチルドレンはこの作れらた土台を活かしより高みへ導いていく役割

    環境を整え、新しい世界を作っていく

    そして、レインボーチルドレンは、地球を愛と調和の光で満たすことが役割

    すでに覚醒して生まれてきている

    なので、親世代の子育て(自分の親が自分を育てたときのやり方)をそのままやろうとしても通用しない

    コントロールしようとすれうばするほど、反抗する(理解不能な反応をする)

    親が今までの生き方を変えて自分らしく生きる方向へ意識が行くようになれば、こどもたちはてこずらすようなことはしなくなる

    ざっとスターチルドレンの説明をしたけど、実際私が今やるべき役割というのは、新しい地球へ移行するためのサポート

    この新しい地球で生きるためには、今までの生き方、いい人を演じたり、親や周りの人から認められようとする生き方、人と比較して優越をつけたり、いい大学へ行き、一流企業と呼ばれる会社で働いたり、規制された社会で生きる、枠の中で生きるなど本来の自分が捻じ曲げられて作られた自分から、本来の自分の生き方へ移行する必要があるのです。

    本来の自分の生き方ってなに?

    本来の自分って、今の自分は何者?

    本当に自分のやりたいこと、ワクワクすること、喜びを感じること

    やりたいことやってるし、今を楽しんでいるという人はいると思う

    でもそれって本当にこころからそう感じられている?

    子どものころから演じてきているとそれが本当の自分の姿じゃないなんて思わないかもしれない。

    特に何も起こらず、平和にすごせているのであれはそのままでいいと思うけど

    今変わる必要のある人はなにかしら起きてると思う。

    それが自分自身のこと(からだやこころに不調が出ていたり、物事がうまくいかない)であったり、自分の身近な人に何かが起きていたり人によってでかたは人によってさまざま

    それは今の生き方、考え方を変えるときが来ましたよ!というサイン

    そこに気付いて、自分と向き合うことを始めればだんだんとうまく行くようになってくる。

    自分と向き合うってどういうこと?

    ありのままの自分を受け入れること

    よく人と比べて、自分はダメだ、劣っているなどと勝手に判断して自分を下げることをする人が多いけどそれって意味あること?

    これは親が他の子と比べるということをして、ダメな子だ、出来の悪い子だなどとしてきたからそのくせがからだにしみついている

    逆に、できのいいと言われる子の場合、出来て当たり前、できないことは許されない、そんな生き方をしてきていたからいつも自分をつくりあげてくることに慣れてしまっていたのです。

    どちらも親にされてきて、勝手に自分で思い込んでいただけのこと

    このことをただ知るという作業をするといい

    今の自分の視点で、子供の頃の自分を上からみるということをしてみるとその様子がわかると思う

    その子供の演じている様子が

    自分てこんなだったんだぁ~と知るという作業が大切になってくる

    判断はいらない、ただ単にそのままを知るということ

    本当はこのときこう感じてたんだ、こうしたかったんだ、こうしてほしかったんだ~と本当の声を知ってあげる

    否定したり、批判したり、判断したりする必要はない

    ただ知る

    このような作業って今までやってきたことない人にとっては難しいと思うかもしれない

    今の私はこの作業のお手伝いをしているのです。

    この先には、持っている必要のない感情や思考などを見ていきそれらを手放す作業がある

    このお手伝いもしています。

    この肩書が何か?と言われるとちょうどいい言葉がみつからないのだけど、やっていることはスターシードとしての役割なので、今はスターシードを使うようにしています。

    スピリチュアルな世界へ

    2004年10月、ママに病気がみつかりました。それもかなり進行した状態で

    まさか、そんなことが起きるなんてまったく想像したこともなかったので、すごいショックを受けたことを覚えている。そこから私の生活が一転しました。(ここが大きな私の転機)

    その日から私の出歩く生活は強制終了!(私自身の選択)と情報収集がスタート!

    お誘いを断るのに、状況を伝えるとみんないろんな情報をくれました。自分でも調べまくって、会社帰りに毎日病院へ行き、通勤時間に本をよみまくるという。(私が無理していることにはこのとき気づいてなかった)

    このとき精神的な支えになってくれてたのがヨガでした。もちろんヨガスタジオなどに行く時間はなかったけど、会社が昼休みに先生を呼んでくれていたので会社でヨガができるというとってもありがたかった。その先生にもすごく助けられた。

    そしてこの時期は、本当に会いたいと思う人しか会わなかった。(ここから自分で選択するということをするようになった)本心を語れる人だけ(このときはまだまだ自分をつくりあげていたので、本心を話せる人は限られていた)

    このころから情報収集をしている中でスピリチュアルなことをちょいちょい目にするようになってきていた。代替療法など調べているとそのようなところに辿り着くという

    いろいろ調べている中で、自分自身のライフスタイルも気を付けるようになっていた。マクロビが日本で流行りはじめたころだったので、食生活や日用品など身の回りの物を変え始めた。

    他にも自分のからだとこころをメンテナンスしないといけないということに気付きだし、マッサージへ行くようになりました。いつも同じ人(セラピスト)、同じところ(サロン)ではなく、いろいろ試していました。何人か受けているうちに、今はあの人のところに行きたいなぁ~(会いたい、話を聞いてもらいたいという気持ちがあったのだろう)という選び方をするようになって、温泉や気功にも行くようになってました。(いろんな情報が入ってくるようになって)

    自分でも情報を得ようというアンテナがでているので、本当にいろんな情報が入つてきてました。確かマッサージとかセラピストの情報が入っているメルマガだったのかな?(いまならわかるスピリチャルな情報)その中から気になるワークショップがあったんだけど、初めての世界、知らない世界だということは感じていて、行くという行動を起こすのにすごく考えていた気がする。

    どんな告知文だったのかは覚えてないけど、それはパワーストーンを使うワークショップでした。確か場所は青山だったと思うんだけど、その部屋に入ったときに感じた雰囲気は覚えている。(ここ入って大丈夫かな?なんか怪しそう?と思っていた)

    パワーストーンというものも初めて、そこにはいろいろな形、色、種類のものが並べられていました。その中から気になる石を選んでグリットを組むというもので(選ぶ石やその石でつくられたその人の世界観などからその人の状態がわかるというもの)、そのグリットからその人の状態を読んでくれるというものでした。

    そのとき言われたことで覚えているのが、いっぱい貯めこんでるわねー!と(その貯めこんでるものの意味がそのときはわからなかったけど)(何年か経ったころ、その人にあのときのあなたあのままだったら病気になってたわよって言われたけど、変化した私をみてこんなにいい状態になるなんて思わなかったって)

    そこからどのようにスピリチャルな世界へ私が入っていったのかはもう覚えてないけど、それが私のスピリチャルの世界を初めて体験したときでした。(リーディングしてもらったという)

    そして、一歩踏み出すと情報がぶわーっと入ってくるようになる。

    一度そのような世界を体験してみると次から次へと体験してみたいという興味が出てくるんですよね。

    いや、待てよ!2004年の4月にハワイ島へイルカと一緒に泳ぎに行ってるぞ!ってことは、そのときもうスピリチャルな世界に踏み込んでる!あれ~?そこには気づかずにイルカと泳ぐということに惹かれて行ってたのか?イルカが導いてくれたのか?

    まっ、順序なんてどうだっていい!とにかくこのころからスピリチャルな世界へどんどん踏み込んでいったのでした。

    マッサージしてもらってたセラピストさんからレイキを伝授してもらったり、あっ、そういえば2000年ころからオーラソーマ(二層になったキレイな色のボトル100本以上あったかな?から選ぶことによって、その人の今の状態がわかるという)を以前一緒に働いたことのある人がやりだして、みてもらってたね。

    こうやって書きながら気付くことがたくさんある。気付くというか記憶をたどってる?

    一人スピリチュアルな人に出会うと次から次へといろいろな人を紹介してもらったり、情報をもらったりできるからどんどん広がる

    もうそのころはいろんなことがありすぎて順番なんてわからないや(笑)!そんなことはどうでもいいしね。

    そんなこんないろんな変化があったけどたった4か月弱で、ママは地球でのお役目を終了しどこかの宇宙へ旅立ちました。今はどこのにいるのだろう?

    私がやるべきこと(この地球で今世やるべきこと)をするために(向かわせるため)ママは仕向けることが今回地球でのお役目だったんだろうなぁ~

    ん、待てよ!ママを選んで来たのは私だよね?私がこの地球の移行期に地球にくる必要があったから選んで来た?でも、その記憶は一度クリアにして地球にやってきて、地球での普通の生き方を体験する必要があった。そして、そろそろ任務に戻る時期が来たから、ママは還っていったのか?今回ママは私が任務をこなすために地球へ来るために来てくれてたってことなのか!

    今書きながら一瞬そのときの記憶とつながりそうだったのに、思考が働いちゃってわからなくなった気がする。

    私がこんなに自由にやりたい放題やらせてくれたのってママだわ

    勉強しろともどこの学校に入れとも言われたこと一度もなかった。習い事だってそう、今振り返るとうちの普通は他の家庭とは違ったよなぁ~

    それは、私がこの地球でやるべきことがあることを知ってたからなんだろう。