フラワーエッセンスとの出会い

私が初めてフラワーエッセンスという言葉を知ったのは何年だっただろう?

セミナーに一人で参加したときに近くにいた人と話をして仲良くなり、ペットに対して使用しているというものでした。といってもそのときはそれほど詳しく聞いていなかったのだけど、その後ワンコに使いたくて購入したのが初めてだったと思う。

そのときはワンコに使っただけだったけど、2005年にカルフォルニアへ行ったときサンタモニカだったかベニスビーチだったか? にあったおしゃれなスイーツのお店へ行ったときに、隣にあったお店にたくさんのフラワーエッセンスが置いてあってそこで購入したことは覚えている。

ヒーリングのお店だったのか?その場でダウンジング(ペンデュラムを使用して)をしてくれて3本くらい買ったと思う。

それが何のエッセンスだったのかはまったく覚えていないけど、とりあえずは飲み終えて、そのあとはそれっきりだった。

きっとよくわからなかったんだと思う。

今だからわかるけど、フラワーエッセンスって、自分で購入し飲むだけでは本来の良さを理解することはできない。もちろん敏感な人は変化を感じ取れるかもしれないが、それが何にどうつながるのか?だからどうなのか?がわからない。

それから3年後、その当時通っていた天然石のお店で働いていた人がフラワーエッセンスをもう何年も使っていて行くたびに話を聞いていた。石やフラワーエッセンス以外の話も深くするようになり、吉方位へ一緒に行き始めた人

毎月吉方位へ行き、温泉で浄化というパターンを繰り返しながら、フラワーエッセンスもみてもらいながら使い始めた。

そのとき使い始めてわかったことは、取り入れる事よりもそのときに出てくる感情や気付きをどう捉えるかが大切だということ

取り始めると昔のことを思い出したり、久しぶりの人と会ったり、そのことから思い出されることが手放すべきことだったり、気付くべきことが隠されている。

これってやっぱり知っている人、理解している人と一緒にやっていかないことにはわからない

もちろん、そのときには私自身が人にやるようになるなんて思いもしていなかったのです。

そこからどんどん使い込み、気付いたらワークショップをやるようになっていて、自分なりのやり方ができるようになっていたのです。

人にやり始めたからといって自分自身のことはストップせず継続し続け、気付いたら400種類くらい取っていました(笑)!

激しくいろんなことが起きていたのだけど、その真っただ中にいたときには気づく間もなくて、あとから振り返るとたくさんの気付きがということを繰り返していました。

一般的には、このような状態の人がこのエッセンスをとるとこうなっていきますよみたいなこと書かれているけど、そんなに簡単で浅いものではない。

使い込んでいけばいくだけ、深い気付きが起きてくる。

でも、大切なのはそのことを振り返るという作業

そこからどう拾い上げるか?サポートしてもらう人が必要なのです。

もちろん、一人でできる人もいると思うけど、人に話をして自分自身で再確認するという作業が大切

これをやらないともったえない

せっかくフラワーエッセンスを取って、変化がでているのに、意識をむけなければ流れ落ちてしまう。

初めのうちはフラワーエッセンスを通して自分を知る

今自分はどんな状態なのか?何を感じているのか?どんなことと向き合うべきなのか?何を手放せばいいのか?etc…

自分に意識を向けるという作業が初めのうちはどんなことなのか理解すらできない人もいる

今までの生き方、考え方、思考パターンがじゃまをしてくるから

客観的に自分を観察する

そして判断せずにただ自分の今の状態を知るということ

思い出したこと、浮上してきた感情と向き合う

この作業ってやっぱりみんな恐れがあってやりたくないという人は多いけど、一度やってしまえばそのあとの変化が楽しくなる。(私はね)

もちろん人によってさまざま

育った環境が違うし、経験してきたこともみんなそれぞれ

当たり前が違う

ただ単に、自分自身の棚卸作業をするだけ

簡単に書いたけど、フラワーエッセンスのすばらしさは簡単に理解できるものではない。

使い込んでこそ、その素晴らしさを理解できる。

天然石にの引き込まれる

ヨガのクラスをたくさん持つようになり、生徒さんとの距離感、浄化やプロテクションなど自分自身のメンテナンスを自分なりに意識を始めたときに助けぱられたのが天然石(パワーストーンという呼び方がどうも受け入れられない)

確か自分で初めて買ったのは、アメリカでヒーリングのお店に初めて足を踏み入れたときだったと思う。怪しそうだなぁ~と恐る恐る入ったのを覚えている。あれはどこだったかな?

石ってそのときの状態によって気になるもの、手にするものが違う。そこから自分の状態を知ることができることがあるのだけど、初心者だったので、ただ気になるものを手に取っていた。

私は石の意味とか気にせず、とにかく気になったものを手にとる、取り入れてみるという使い方をしてきたのだけど、そのとき手にしたものは、ソーダライトだったと思う。キーワードは”意思を強くする”

今振り返ってみるとそのときの私にぴったりのものでしたね。

自分自身というものをしっかりもつことが必要だった時期

精神的、体調的に落ちているとき天然石のお店に行くと癒されてました。何時間も滞在しちゃって

エネルギーを人に与えてばかり、エネルギーフィールドを守ること(プロテクション)、エネルギーのクリアリング(浄化)などエネルギーのバランスのとり方、使い方もまだ身に着けていなかったから、石に助けられてました。いや、今から振り返ると依存してたのだけどね。

使い込むようになるまでパワーストーンという流行りでミーハーな呼び方に違和感があり、受け入れきれてない部分があったので、初めは腕につけるブレスレットにとても抵抗がありました。

女子がピンクのブレスをつけているイメージが受け入れられず(笑)。今から思うとそれは私自身の女性性の課題があったから

それが、石を自分で組み合わせてブレスを作って腕につけてみたらすーっとエネルギーが入ってくるのを感じ付けられるようになりました。といってもビーズの大きさは小さいもので、大きいものには抵抗があったから(笑)

初めて使った小さなビーズではエネルギーが足らず、すぐにくたってましたね。色がくすんだり、疲れた感じになって、こんなに変化するものなの?と初めてのときはおどろいてました。

ヨガのクラスのときには自分自身のエネルギーフィールドを守るためにプロテクション目的のものもを身に着けるようにしてたけど、どうも黒系のものは受け入れられずで

石なのか色なのか?とにかく以前の私は受け入れられないものが多々ありました。今は、色からもその人の状態がわかるようになったけどね。

石を通して多くのことを学びました。気になる石(色)とチャクラが対応していたり、そのときの状態、この先進むべき方向なども指示してくれたりと

そして、石を通してフラワーエッセンスとの出会いへとつながりました。

ヨガのクラスを持ってみて気付いたこと

ヨガのクラスを持ち始めたのは2005年10月だったかな?会社で働きながら夜のクラスをスタート

初めは1クラスだったのが、2クラスとなって、週末はコラボイベント、たまに週末もクラスを入れたりしてました。

その合間にヨガのトレーニングや他のスクールへ通ってたりとよくやってたよなぁ~

ほぼ休みなし

でも、楽しかったから疲れるという感覚はなくて

ヨガのトレーニングもリストラティブヨガ、キッズヨガ、マタニティヨガとどんだけ受けたのか?基本のトレーニングも3ヶ所のスタジオ(違う先生)で受けて

そしてフリーになったのは2007年9月だったかな?

そのころはまだヨガのクラスだけだったので、会社で働きながら持っていたクラスの他にもいくつか増やしました。赤ちゃんと一緒に参加できるクラスだったり、年配の方のクラスだったり、いろいろな場所、時間帯、年齢層、カフェで営業前にやって終了後みんなでランチしたりもしてたなぁ~

それまでの会社員しながら持っていたクラスとは違い、クラスが増えるということは受け持つ生徒さんも増える。まだそのころは自分自身のケアもできていないときだったので、いろいろなことがその時期には重なり初めて蕁麻疹というものを体験しました。

その時の対処法は、病院へ行くことではなく温泉へ行き、そこで初めて気功を受けて癒されました。考えてみればそれまでずーっと、ずーっと走り続けていたんですよね。休むことなく

旅行へ行っていたからバケーションと思っていたけど、のんびりするというバケーションはしたことがありませんでした。蕁麻疹がでたとき、これは休みなさいというサインだとすぐに気づいたのですが、休むということがどういうことなのか知らなかった私(笑)

ヨガのクラスを持つことは簡単だったけど、自分自身のメンテナンスが大切だということに気付くには時間がかかりました。自然治癒力とか代替療法のこととか自己流だけど学んだはずなのに何も理解していなかったのです。

頑張ることってやろうと思うけど、頑張らないことをやろうとしないよね。体感してみないと理解できないことなので、強制的にさせられました。身をもって知るという体験を

ヨガのクラスを持ち始めると、生徒さんとのやりとりというものが必ずついてくる。そこにも学びの課題がたくさんありまた。そのころの私はまだ自分がどうにかしてあげたいということ気持ちが強かったので、相談に乗ることが多く、そのことが負担になるようになってきてしまったのです。

からだが開いてくるとこころも開いてくるので、自然な流れなのだけど、まだうまく対処できる私ではなかったのです。自分自身の依存に対する課題にもまだ気づいてなかった時期で、生徒さんを依存させてしまってたのです。

そんなことには気づかず、頼られていると勘違い、なにかアドバイスをしなくてはなどと勝手に思ったりしてましたね。誰もが通る道だけど

そこから自分自身と向き合うことがスタートしたのです。

アロマのスクールとヨガのクラス、そしてライフスタイリストへ

アロマって言葉は身近だけど、使ってみるとなるとどれを選んでどんな使い方をすればよいのかわかりにくい。精油1本の値段もピンキリだし、ブランドもいろいろある。

バーナーやディフューザーで焚くのが一般的かな?いちばん手軽に始められるものだと思う。インテリア感覚で

私がアロマを生活に取り入れるまでは使ったことがありませんでした。

代替療法の勉強をしていたときに初めて知ったアロマが代替医療の一つであること

といっても代替療法として使用するまでの知識はそんなにすぐ身につくものではなかったので、とりあえずすぐに試してみたのが、病院でママの手足をマッサージすることでした。

病院に桶を持っていき、アロマを入れて手浴、足浴をしそのあとマッサージ。それも病室でやってました。他の患者さんや看護師さんたちも香りに癒されていました。

病院通いがなくなったときに、深く学んでみたいという気持ちがでてきたのでスクールに通うことにしました。アロマのスクールといっても検索するとそのころでもたくさん出てきていましたが、鎌倉で通いたかったので調べてみたらこんなに近くにそれも医療として学んだ先生をみつけたのですぐに通うことに

それと同時に、会社で働きながらNYから来ていた先生のヨガのクラスの通訳兼アシスタントをすることに

ホント、あの頃は次から次へといろいろな情報が入ってきていて、こなしていくのに必死だったことを覚えています。ネットでの情報が今から比べるとまだまだ少なかった時期なのに

半年後にはアロマのスクールが終了し、ヨガの先生が帰国することになり私がそのクラスを引き継ぐことに

私がヨガのクラスを持つなんて考えたこともなかったのにそんな機会が突然やってきました。まだヨガスタジオも都内に数えるくらいしかなく、公民館などでのクラスもまだ少ないころだったので、来てくれていた方たちがやれるところがなくなってしまうのも心苦しかったので、私でよければと始めたのです。

そしてクラスを始めると、その前からブログを書いていたりSNSを使っていたからかどんどん生徒さんが集まってきてくれて、そこにはサーフィンのライダー(スポンサーのついている人)も来てくれてました。

そこからまた世界が広がることに

ヨガサーフと私たちで名づけたんだけど、サーフィンスクールの前後にヨガをするというもので、これが好評になり、その後他にもヨガとコラボするイベントをいろいろやってました。

アロマの先生にお願いしてアロマとヨガ、シーカヤックやトレッキングともコラボ、和シリーズでは着付けやお茶なども

あのころは次から次へとアイディアが浮かび、いろいろ楽しんでやってました。

アロマのスクールが終わってからは、マッサージのスクールに通い、まだそのころはそれまでに学んだ知識や経験をどうやったら伝えられるか?を考えていました。

自分自身が変化して、体調もよくなり、生きやすくなったのでそのよさを伝えたいという気持ちが強かったのです。

ヨガもまだやれる機会が少なかったので多くの人に体験してもらいたいとハードルをさげるためにいろんなものとコラボして

そのころLOHASという言葉がはやっていたので、学ぶスクールもありそこへ通ってみたり、生活習慣病予防士というものもあることを知り、そのスクールにも通ってみました。が、どうも自分が描いているものとは違う。

といっても、肩書きがみつからない

なんて思っていた時に、社内にいた帰国子女の通訳の子が会話の中でサラッと言ってくれた一言、ライフスタイリストだね!

それを聞いたとき、これだ!と思い、それ使ってもいい?とライフスタイリストと名乗ることにしました。

自然療法を取り入れて、食生活などライフスタイルの変化

スピリチュアルに意識が行くようになるのと同時に、食生活などライフスタイルも大きく変化していきました。

朝はパンにカフェオレ、パンが大好きだったのでいろいろなパン屋さんへ行き、食パンの他菓子パンやハード系のパンなどいろいろ食べてました。飲み物は牛乳をたっぷりいれたカフェオレで、どこの牛乳を飲んでいたのか覚えていないけど、違いがあることも知らなかったので、メジャーなメーカーのものを飲んでいたと思う。白砂糖がよくないものとも知らず、小麦粉だって、こだわって作っているパン屋さんにこだわっていたわけでもなかった。パンだけでなく、ケーキなど普通に白砂糖を使ったスイーツもよく食べてたなぁ~

もともとカップラーメンやスナック菓子を食べる習慣はなかったけど、チーズなど多く使うメキシカン、イタリアン、アメリカンなフードを好んでいたかな?小麦、白砂糖、乳製品まみれ

まずすぐにやったのが白砂糖、乳製品、カフェインを抜くこと

カフェインと乳製品を抜くには飲むものをハーブティーへ切り替え、パンは抜くことができなかったけど、天然酵母など使用している素材にこだわったパン屋さんのものを自然食品店で購入するように

初めのうち買い物は、できるだけ自然食品店でするようにしてみました。今までスーパーでみかけたことのないものばかり。基本的には調味料を変えて、お野菜は無農薬、お肉は食べない、玄米へ

初めて料理を自分でするときのように新たな気持ちで

初めの移行期は好転反応とかあったっけな?玄米を食べ始めて

肌つやがよくなったり、からだが軽くなる感覚があったのは覚えている

口から入れるものだけでなく、肌や皮膚につけるものも保存料など入っていないシンプルなものへ移行。化粧品、洗剤、石けん、シャンプー、洗濯洗剤、お掃除洗剤もすべて

アロマを習いに行くようになってからは、化粧水、クリーム、リップなどはすべて手作り

もともとそれほど病院へ行くことは少なかったけど、花粉症は中学生のころからひどかったので、 薬がよくないなんてことは知らず 毎年1月ごろから4月ごろまでは薬を飲んでましたね。よくないことを知ってからは薬を飲むことはやめ、今では花粉症も克服しちゃいました。

変化し始めたころは、定期的に整体やマッサージ、気功など受けていたし、ヨガもやりはじめて、からだのメンテナンスは意識してするようになっていました。

外食はほぼせず、行くとしても自然食系(まだそのころは少なかったけど都内で働いていたので近くでいけるお店がありました。)

自然食品のお店もなぜかいくつか働いていた会社の駅にあったり、鎌倉にも何軒かあったのでそこに通ってました。自然食品のお店へ通うようになり、商品を知ってくるとスーパーでも手に入るものがわかるようになってきます。表示の見方だったり、これはこだわりの商品だろうと見る目がついてくるので、手軽に買える商品も増えてきます。

食生活を変え始めて15年くらいになりますが、こだわるポイントが変わってきたり、舌も超え、エネルギーのある食べ物とかもわかるようになって、選び方も自分流ができあがってきています。

今は外食するときにはそれほどこだわらないけど、本当においしいと思うお店にしか行かなくなりました。妥協はしない(お腹がすいたからとりあえず何かたべて済ますということはしない)

遠出していてSAでしか食べるところがないといには食べないか、高速に乗る前に美味しいパン屋さんで買っておくとかするようになりました。妥協してお腹を満たそうとしても結局満足できずがっかり感が残るから

宿泊するときも宿にあるシャンプーは歯磨き粉など使えないから必ず持参する。ビジネスホテルでの朝食バイキングもがっかりするだけなので付けないか、ついていても食べない。

飲みの席で困るのが飲み物、お酒はまったく飲まないのだけど、となるとジュースかウーロン茶になる。スパークリングのお水があればいいけど、炭酸系のジュースや偽物のジュース、販売されているウーロン茶などは口に入れたくないんだよね。お水で充分なんだけど、なかなかそれも言いにくい。でも、最近は本当に適当なものを飲みたくないから言えるようになった(笑)。

最近は本当に感じ悪いのはわかっているけど、初めてのお店やいちを外向きにはこだわっているようなお店へ行くと、どんな素材をしようしているのかをしつこく聞いてしまう。白砂糖なのか?キビ糖なのか?甜菜糖なのか?だったり、最近は農園カフェで旬のフルールのパフェを食べるのがマイブームなのだけど、ここでもこだわりが出ちゃうのです。せっかくフレッシュな果物を使っているのに、混ざりもののホイップクリームを使われているとがっかしちゃう。生乳100%にしてほしいけど、それが無理ならばソフトクリームにしてクリームなしのがいい。アイスも混ざりものの多いものだとがっかり。手作りのジェラートとかだったらうれしいけど、それもなかなかスイーツに力をいれているお店でなければ難しい。

何年か前にスイーツのお店で製造のバイトをしたことがあったのだけど、そのときに偽物のクリームがあることを知りました。変な味のするホイップがあるなとは思っていたけど、成分を調べるまでこだわってなかったけど、そこのお店で初めて見た商品名のパックをみたときに成分を見て驚いたことを覚えている。なにこれ?こんなわけのわからないものが入っているの?こんなもの使っていいのだろうか?ってね。ポーションのコーヒークリームもそうだけ

ど、普通に商品となって売っているものが偽物、からだにはよくない成分が入っているだなんてしらなければわからないことだよね。

選択する自分の責任

本物も素材のおいしさ知ってしまったら、もう戻れない。もちろんそのような食生活に戻りたいとも思わないけど

なんのためにしてるのか?自分が心地いいから、ただそれだけ

フラワーエッセンスと吉方位と浄化

2008年の立春前後から吉方位の神社へエネルギーをいただきにいくということを始めました。と同時にフラワーエッセンスを取り始め、とにかく浄化、浄化といろんなことを試してました。

浄化とは、エネルギーのクリアリングをすることだけど、部屋、肉体、感情、思考、意識といろいろな領域に対して行えること

手軽に始められることと言えば、お部屋の浄化。断捨離という言葉が流行ったけど、不要なものを手放す作業、不要なものの基準が人によって違うけど、その人の意識レベルによっても判断が違って現れる。詳細についてはまた後日どこかで書こうと思います。

肉体の浄化で手軽に取り入れられることだとマッサージとかヨガだけど、これらは精神的なこと、感情的なことも同時に表れることもある。温泉に入ること、半身浴をすることも浄化の一つ、リラックスをするということも浄化の一つ

感情や思考というとちょっと初めは難しいと感じるか、わからないと思う人が多いと思います。この作業をするには自分自身と向き合うことをしないことにはできない。この時点であきらめる、やりたくないと思う人もいると思うけど、この作業をする大きく変化してくる。これをサポートしてくれるのがフラワーエッセンス

子どもの頃に我慢したこと、トラウマとして残っているような出来事から感じ取った負の感情、このことはすぐに浮かぶ人も多いと思受けど、その感情を取る?はずすことができるの?と思うでしょう。(私がそうだったので)

思考の浄化とは、親からいつも言われていたこととかで洗脳されてしまっていることとかで、いい子にしなさい、我慢しなさい、わがまま言わないなどしつこく言われていた言葉から、制限されてしまった考え方になってしまっている状態に気付くこと

意識というのが捉えにくくて難しいと思うけど、この意識を変えていく、というか変えようと思って変えられるものではなくて、気付くことで自然と変化していくもの

意識に働きかけてくれるのがフラワーエッセンスなのです。

フラワーエッセンスという言葉を当たり前のように使ってるけど、お花の波動が入ったお水のこと。そのお水がどんな働きをするのか?アロマと似たようなものと思う人も多いけど、まったく別の物

アロマは植物の成分を抽出しているものだけど、フラワーエッセンスは成分は入っていなくて、波動、エネルギーなのです。

私もフラワーエッセンスを理解するまでには時間がかかりました。これは頭で理解するものではなく、使い込んでいかないことにはわからないかも?フラワーエッセンスについては、使って変化を感じていくという状態をみていく作業が必要なので、少しずつ、このあとの記事に書いていこうとは思ってます。

そして、吉方位とは、生まれ年によって毎月違うのだけど、行くといい気がもらえる吉方位やできれば避けたい、行くなら注意した方がいいことなどがある凶方位などがある。1年を通しての吉方位や凶方位もあったりするのだけど、毎月吉方位にある神社へ行くことを何か月かやったことがありました。

と同時にこの記事の初めに書いた浄化も常にするようになり、フラワーエッセンスも取ることを始めたのでした。

ここからが、私自身への旅のスタートでした。

スピリチュアルな世界へ

2004年10月、ママに病気がみつかりました。それもかなり進行した状態で

まさか、そんなことが起きるなんてまったく想像したこともなかったので、すごいショックを受けたことを覚えている。そこから私の生活が一転しました。(ここが大きな私の転機)

その日から私の出歩く生活は強制終了!(私自身の選択)と情報収集がスタート!

お誘いを断るのに、状況を伝えるとみんないろんな情報をくれました。自分でも調べまくって、会社帰りに毎日病院へ行き、通勤時間に本をよみまくるという。(私が無理していることにはこのとき気づいてなかった)

このとき精神的な支えになってくれてたのがヨガでした。もちろんヨガスタジオなどに行く時間はなかったけど、会社が昼休みに先生を呼んでくれていたので会社でヨガができるというとってもありがたかった。その先生にもすごく助けられた。

そしてこの時期は、本当に会いたいと思う人しか会わなかった。(ここから自分で選択するということをするようになった)本心を語れる人だけ(このときはまだまだ自分をつくりあげていたので、本心を話せる人は限られていた)

このころから情報収集をしている中でスピリチュアルなことをちょいちょい目にするようになってきていた。代替療法など調べているとそのようなところに辿り着くという

いろいろ調べている中で、自分自身のライフスタイルも気を付けるようになっていた。マクロビが日本で流行りはじめたころだったので、食生活や日用品など身の回りの物を変え始めた。

他にも自分のからだとこころをメンテナンスしないといけないということに気付きだし、マッサージへ行くようになりました。いつも同じ人(セラピスト)、同じところ(サロン)ではなく、いろいろ試していました。何人か受けているうちに、今はあの人のところに行きたいなぁ~(会いたい、話を聞いてもらいたいという気持ちがあったのだろう)という選び方をするようになって、温泉や気功にも行くようになってました。(いろんな情報が入ってくるようになって)

自分でも情報を得ようというアンテナがでているので、本当にいろんな情報が入つてきてました。確かマッサージとかセラピストの情報が入っているメルマガだったのかな?(いまならわかるスピリチャルな情報)その中から気になるワークショップがあったんだけど、初めての世界、知らない世界だということは感じていて、行くという行動を起こすのにすごく考えていた気がする。

どんな告知文だったのかは覚えてないけど、それはパワーストーンを使うワークショップでした。確か場所は青山だったと思うんだけど、その部屋に入ったときに感じた雰囲気は覚えている。(ここ入って大丈夫かな?なんか怪しそう?と思っていた)

パワーストーンというものも初めて、そこにはいろいろな形、色、種類のものが並べられていました。その中から気になる石を選んでグリットを組むというもので(選ぶ石やその石でつくられたその人の世界観などからその人の状態がわかるというもの)、そのグリットからその人の状態を読んでくれるというものでした。

そのとき言われたことで覚えているのが、いっぱい貯めこんでるわねー!と(その貯めこんでるものの意味がそのときはわからなかったけど)(何年か経ったころ、その人にあのときのあなたあのままだったら病気になってたわよって言われたけど、変化した私をみてこんなにいい状態になるなんて思わなかったって)

そこからどのようにスピリチャルな世界へ私が入っていったのかはもう覚えてないけど、それが私のスピリチャルの世界を初めて体験したときでした。(リーディングしてもらったという)

そして、一歩踏み出すと情報がぶわーっと入ってくるようになる。

一度そのような世界を体験してみると次から次へと体験してみたいという興味が出てくるんですよね。

いや、待てよ!2004年の4月にハワイ島へイルカと一緒に泳ぎに行ってるぞ!ってことは、そのときもうスピリチャルな世界に踏み込んでる!あれ~?そこには気づかずにイルカと泳ぐということに惹かれて行ってたのか?イルカが導いてくれたのか?

まっ、順序なんてどうだっていい!とにかくこのころからスピリチャルな世界へどんどん踏み込んでいったのでした。

マッサージしてもらってたセラピストさんからレイキを伝授してもらったり、あっ、そういえば2000年ころからオーラソーマ(二層になったキレイな色のボトル100本以上あったかな?から選ぶことによって、その人の今の状態がわかるという)を以前一緒に働いたことのある人がやりだして、みてもらってたね。

こうやって書きながら気付くことがたくさんある。気付くというか記憶をたどってる?

一人スピリチュアルな人に出会うと次から次へといろいろな人を紹介してもらったり、情報をもらったりできるからどんどん広がる

もうそのころはいろんなことがありすぎて順番なんてわからないや(笑)!そんなことはどうでもいいしね。

そんなこんないろんな変化があったけどたった4か月弱で、ママは地球でのお役目を終了しどこかの宇宙へ旅立ちました。今はどこのにいるのだろう?

私がやるべきこと(この地球で今世やるべきこと)をするために(向かわせるため)ママは仕向けることが今回地球でのお役目だったんだろうなぁ~

ん、待てよ!ママを選んで来たのは私だよね?私がこの地球の移行期に地球にくる必要があったから選んで来た?でも、その記憶は一度クリアにして地球にやってきて、地球での普通の生き方を体験する必要があった。そして、そろそろ任務に戻る時期が来たから、ママは還っていったのか?今回ママは私が任務をこなすために地球へ来るために来てくれてたってことなのか!

今書きながら一瞬そのときの記憶とつながりそうだったのに、思考が働いちゃってわからなくなった気がする。

私がこんなに自由にやりたい放題やらせてくれたのってママだわ

勉強しろともどこの学校に入れとも言われたこと一度もなかった。習い事だってそう、今振り返るとうちの普通は他の家庭とは違ったよなぁ~

それは、私がこの地球でやるべきことがあることを知ってたからなんだろう。

いつだったかな?変化しはじめたのって

子どものころから国語が大の苦手、本嫌い、興味がなかった私が、何かをみつけたくて手に取りだした。確か派遣で働いていて、やりたいことがみつからず、何をすればいいのか?などと悩んでいたのだろう。(まだこのころは答えが外側にあると求めていた)

そんなとき目が行く、興味が行く本は自己啓発系のものだったと思う。そのころはまだスピリチャルとか言葉も知らなかったなぁ。少しはスピリチャル要素が入った本も読んでいたとは思うけど、そんなこと意識していなかった。

いろいろリストアップをしたり、その本に書かれていたことを実践していたと思うのだけど、そのときリストアップしたことがすぐにいくつも叶ったことは覚えている。

旅行へ行きたい場所に屋久島と書いていたら、書いてからそれほど経っていないのにいとこから屋久島行かない?とのお誘いが!それも、すでに予約済み。それは、一緒に行く予定だった人が行けなくなりキャンセル料がかかる日になっていた。なので、いくらか出してくれると言う。

リストに書いたことが叶うという体験が初めてだったので、すごい驚いたことを覚えている。(今ではこのようなシンクロは当たり前になり驚かなくなったけど)

そして、もう一つ

私が人生で一人で初めて参加したセミナーというもの

といっても、自分で探して参加したものではなく、知り合いが主催者側だったのか?講師役だったのか?来てみない?とお誘いを受けたものでした。

それまで私がそのような会、セミナー、ワークショップ、交流会など知らない人たちが集まる場には行ったことがなかったのです。初めての体験でした。

そのような集まりに参加している他の人たちは意識が高い人たちだったのは覚えてる。自分の意見や考えがあって、仕事もバリバリ、キャリア志向、起業しようと思っている、などという人たち

それまで私の周りにはそのような人がいなかったので、圧倒されていたことを覚えてる。確かセミナー終わったあとに何人かでおちゃしに行っていろいろ話をし連絡先の交換

そのころはまだSNSも流行っていなく、パソコンのメールアドレスが基本で、当日の夜だったり、翌日にはメールが届くという(いつのまにかこれが当たり前でパターン化してたなぁ)

そして、そこからセミナー、ワークショップ、交流会、パーティーなどのお誘いが次から次へと来るようになり、気付けば毎晩のようにそのような場に出かけ、すごいネットワークの広がりようでした。(途中からは、いくとこいくとこ同じような人に合うという)

それと同時に、会社で働きながら英会話講師のマッチング、お見合いをするという副業をしていました。レッスンを受けたい日本人、英語を教えてくれる外国人たちとここでも私の交流の場が広がっていました。

そんなときスタートしたのがSNSとblog

もうほんとすごい勢いで広がって行ってましたね。

そのときの私は、何か起業しようと(このときはまだ外側に何かを求めていたから)思っていたので、ネットワーク作りとそのネタ探しだったけど、実はそんなに楽しんでいなかったのと、ネットワークの広がりに疲れてきてたのです。(うっすらこれは違うと気づいていたけど、そこから抜け出そうとはしていなかった)

そのころの私は、断ることができなかったのです。(ノーと言えなかった私)というか、オープニングバーティーだとか誰かの出版記念パーティーだとかに参加していた私ってすごいでしょみたいな(笑)!(今ふりかえると笑える。)

と、そんなことを何年か続けてとき突然訪れた転機

つづく

とりあえず、普通な自己紹介

鎌倉で生まれ育ったYukaです☆

肩書きはありません!というか使うことをやめました。とりあえず、一般的な自己紹介をしてみます。

2004年に大きな転機を向かえてから、自分と向き合うことをスタートし、新しい生き方へとシフトしています。

2007年ごろからBeach Side Livingというヒーリングサロンをスタート

ヨガやトリートメント、アロマ、ハーブ、フラワーエッセンスなどの自然療法を取り入れ、食生活、ライフスタイルなどの提案、フラワーエッセンスを使い自分向き合うために 個人セッション、講座、ワークショップというカタチで サポート

2008年ごろから神社めぐりをスタートし400社くらいは訪れました。47都道府県中まだ踏み入れていないのが4県

山や海など自然を好み、軽いトレッキングもします。今はしていないけど、学生のときから何かしら海のスポーツはしてきていました。雪山は若い頃は行ってたけど、今は10年以上行ってないです。

フラワーエッセンスを取り入れているのもあってかお花も好きで、お庭のお手入れしたり、お花畑へ行くのも好きです。

食べることも、作ることも好きで自然食系に食事制限してたときもあったけど、今は添加物が入っているものは取らないようにして、からだとこころが喜ぶものを食べるということを心がけけています。今は、旬の果物を使ったパフェを農園カフェに食べに行くのがお気に入り。ジャムやシロップなどは手作り、スイーツもよく手作りします。

アロマやハーブを使って化粧水やクリームなどのナチュラルコスメや石けんを作ったり、作った石けんを使って洗剤を作ったり、オーラスプレーなども作る魔女仕事もたまにしています。

海外は、カルフォルニアのオレンジカウンティというエリアに1年半くらい、スイスのバーゼルという街に3ヶ月暮らしたことがあります。

旅行では、アメリカはカルフォルニア以外だとシアトル、ニューヨーク、フロリダ、ボストン、デンバーへ行ったことがあって、カルフォルニアにいたときには車でニューメキシコまでいくつだったかな?ナショナルパークめぐりをしたことがあります。

ヨーロッパは、イギリス、フランス、イタリア、ドイツ、オーストリア、オランダ、ベルギーかな?スイスにいたときには列車でいろいろなところへ行ってました。

アジアは、食べものもずーっと苦手で、興味がなかったのだけど、過去世の影響だったのか、解放をしていくうちに食事も食べられるようになり、バリとバンコクへは行きました。

ヨガは、会社員をしていたときに昼休みに先生が会社に来てくれてやりだしたのがキッカケだったのだけど、日本語のできなかった先生のアシスタントをしていたら、先生が帰国してしまい会社でやっていたヨガの先生に、そのクラスの生徒さんたち困るでしょ? もうあなたできるでしょ~?と背中を押されたことで 会社員をやりながらクラスを持つようになりました。

その頃はまだヨガをやっているところが少なくて、気軽に体験してもらいたいという思いでヨガとコラボするイベントをいろいろ企画してました。サーフィンスクールからスタートし、シーカヤック、トレッキング、アロマ、茶道などいろいろやったなぁ~♫リトリートも何回か開催して

お料理教室なんかもやったり、パワーストーンだったりスピリチャルなワークショップもいろいろやってました。整体や気功の先生に来てもらったり、日替わりでカフェもやったり、パーティーもよくやってましたね。

こうやって書き出してみるといろんなことやってたなぁ~☆

次回は、違う方向からの自己紹介、私のことを書いてみようと思います!

宇宙意識を思い出し、本来の自分へ

地球が次元上昇をしている今、私たちの意識も変化してきています。物質世界から意識世界への移行。 重たい波動を手放して、シンプルに、あるがままの自分に戻ること

聞きなれない言葉が並べられていると、なんだか難しいことのように感じるかもしれませんが、この地球に生まれてきてから親や学校、社会で教えられてきたこと、体験したこと、作られてしまった考え方、思い、生き方等を手放して、ワクワクする本来の自分が望む生き方へ移行していけばいいだけのこと

子どもの頃補助なしの自転車に乗れるようになるために大人の人に手伝ってもらいながら練習をするということを多くの人が経験していると思いますが、新しい生き方へ移行するためにはこのようなサポートと練習が少し必要となります。

お手本を見せせてもらって、自分で試してみる。

すでにこの移行を済ませている人、移行期の人、一歩踏み出したばかりの人、まだ気づいていないけど変化するきっかけが目の前まで来ている人とそれぞれ

移行への一歩を踏み出したきっかけや時期は人によってさまざま

このような話を聞いて、まったく何のことなのかわからないと思う人や批判や否定をする人、言われてみるとそんな気がする、そういえばいろんなことが起きている、出会う人に同じような話をされるなどいろいろな段階の人がいると思います。

この投稿に辿り着いた人、このあとの投稿を読んでみたいと思う人は移行へ向かう列車の切符を手に入れたということです。

そんな切符を受け取ってくれた人たちを目的地へサポートしていきます。

カテゴリー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930