ホーム » Food

Food」カテゴリーアーカイブ

最近のコメント

    カテゴリー

    2020年10月
    « 5月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  

    隠れ家で美味しい食事

    もう何年も前から、ずーっと私がお気に入りのイタリアンのお店が、移転して新しく生まれ変わりました。

    外観は個人宅なのかなんのお店なのかわからないから、知ってる人しか行けないお店

    店内は、オープンキッチンになって、カウンターが6席くらいとテーブル席が6席

    メニューは昼、夜共にコース料理のみ

    先日リニューアル後初めてバースデーランチにようやく行ってきました!

    お昼のコースのお料理は7品で、お箸でいただくスタイル

    お酒は飲めないけど、ドリンクもこだわりのものがあって、ベルガモットのソーダにしました。

    前菜は、さつまいもと金柑をリコッタチーズで和えたものや、ふきのとうのフリットなど

    スープはあま〜いお野菜たっぷりで、いのししのお肉も入っていたけど臭みはなく

    前菜のお魚は、ぶりで3つ違う部位で炙ったものと漬けにしたもの

    パスタは手打ちのタリアテッレ、なんのイカだったっけなぁ?イカと春菊

    お魚は甘鯛だったかな?里芋のピューレにアンチョビバターのソース、皮もパリパリでした。

    お肉は、いのししだけど臭みもクセもなく骨もかぶりついて美味しくいただきました。

    デザートはいちごとマスカルポーネのラビオリ。パスタを使ったデザートは初めて

    目の前で盛り付けをしてくれるので、いろいろと説明をしてくれたり、質問に答えてくれたりもします。

    最後の飲み物もコーヒーか紅茶だけど、それぞれこだわりのお店の豆や茶葉を使ってました。

    ほんとうに美味しいお料理と落ち着きのある空間

    以前はちょくちょく行っちゃってたから当たり前だったけど、しばらく行かなくなってたまに行くとからだもこころも喜ぶのがわかる。

    久しぶりに美味しいものを食べに行って、やっぱり定期的に必要だなぁとあらためて思いました。

    ピンときたらすぐ行動~出雲大社へ~

    年明けのエネルギー調整が終わったところ、誕生日に有給を取っていたら、その前日に

    土曜日もお休みしますか~?と木曜日の朝通勤時にメッセージが来ました。

    もちろん!

    そのとき降りてきたのが出雲大社

    そして、すぐに航空券を予約

    出雲大社は以前に2回行ってるのだけど、二回ともトラブルがあり歓迎されている感じではなかったのです。

    一度目は途中で車が故障、二回目は出発する日の朝足の痛みが出て運転はできるけど車の乗り降りや歩くことは痛みが激しくて

    でもそんな中無理やり行くと、大渋滞に巻き込まれ、ゆっくり参拝することはできなかったのです。そのときは行くタイミングじゃないなぁ~と思いつつ、まだ予定を変えるということができない私でした。

    初めてのときは、それまでいろいろな神社でいただいてきたお札やお守りを返したときに、ふっと軽くなる不思議な体験をしました。まあ、このときは他に不思議な体験だらけだったときだったので収穫はたくさんあったけどね。

    そして、今回昨年あたりからそろそろ出雲大社に行きたいなぁ~と思ったいたところで、今年は行こうと思っていたところでした。

    行く前に天気予報をみると二日とも曇り

    まっ、お天気はどうでもいっか~!なんて思っていたら、当日出雲空港へ到着すると雨あがりで晴れてました。

    行きのフライトではとてもきれいな富士山をみることができて

    出雲大社へは早朝行きたいから翌日早起きをしてお参りしようと思っていたけど、雨上がりのエネルギーがよさそうだったので、空港から直接行くことにしました。

    以前は車で二回とも行ったけど、今回はのんびりすることもテーマだったのでレンタカーはせずにバスで移動することにしました。

    車があるとあちこち動いちゃうので

    そして、いつもならあちこち動いちゃうから宿は寝るだけなのでビジネスホテルだけど、今回はのんびりするために大社近くでゆっくりできそうなお宿にしました。

    大社についたのは9時半ごろ

    平日で雨上がりだったからか人は少なく、とてもいいエネルギーでした。

    そして、大社からバスに乗り初めて日御碕へ

    こういう観光地は久ぶり

    バスに他に何人か観光客はいたけど、とても静尾かな場所でした。

    ここから海沿いの遊歩道を歩くと日御碕神社があります。

    参拝して再びバスに乗り大社へ戻り、チェックインの時間までは門前通りでお昼を食べたり、おちゃをしたりしてました。

    一度宿にチェックインをし一休みしたところで、30分くらい歩いて夕日を見に稲佐の浜へ

    再び30分歩いて宿へもどりその日はそのままのんびりと過ごしました。

    宿は、大浴場が二つあり貸し切り風呂が5つあったからか、ほぼ貸し切り状態で入ることができとってものんびりできました。

    翌朝はいつもならば早起きをして朝風呂に入り、早くから出かけるけど今回はのんびりすることがテーマだったのでチェックアウトギリギリまでゆっくりしてました。

    そのあとは、前日にも行った稲佐の浜に再び行き砂をいただいてきました。

    その砂は、大社本殿の裏手にある素鵞社で御砂と交換しいただくことができるのです。

    そしてこのいただいてきた御砂は、邪気を払ったり、幸福の力があると言われているもの

    お家の四隅に埋めたり、持ち歩いたりするといいとのこと

    御砂をいただいたあとは、出雲市駅からタクシーで出西窯へ

    焼き物だけでなく、ベーカリーカフェも併設されていて、そのカフェではもちろんそこの器が使われてます。

    島根は、こだわりの食材も多い土地で私が普段からお気に入りで使っているものも多い。

    そこのカフェではそれらの食材が使われていました。

    木次の卵や西製茶所の和紅茶など

    カフェでは、たまごサンドとチーズケーキ、べにふうきをいただいてきました。

    安心して食べられる食材を使ったごはんはかろらだもこころも喜ぶ

    最近パンは以前に比べると食べなくなったけど、久しぶりに美味しいと思えるカフェに出会えました。

    チーズケーキもどんな食材を使っているかわからないお店では食べたくないので久しぶりでした。

    たまにはこういうのんびり旅は必要だなぁ~と

    エネルギー調整での体調不良

    しばらく更新ができていませんでしたが、昨年11月後半から約1か月間もの間体調不良が続いてました。

    11月末にひさしぶりに仕事ではなく諏訪大社へ行った翌日から始まりました。

    諏訪大社へは、私が変容のをスタートしたころからのソウルシスターと行ったので、一緒に過ごす中でたくさんの気付きがありました。

    そのせいもあったから、翌朝目覚めたとききたきたと思いました。

    浄化や毒だしと以前はよく言ってたけど、今回はエネルギーの大きな変わり目でもあるからエネルギー調整もあるなと

    症状としては、節々が痛く、寒気、微熱、食欲はなくなり、とにかく寝る

    過去の変容時によくあった、寝ている間にすごい汗をかくなど

    以前にも何回かエネルギーの変わり目に体調不良になることがあったのだけど、そのときはとにかく頭痛と熱だった。

    そのときは長くても2週間くらいだったけど、それでも長く感じていました。

    今回もそれくらいで終わると思っていたけど、なかなか終わらない。

    まあ、冬至までには終わるだろうと思ってとりあえず寝まくっていました。

    仕事には行ってたけど、食事もあまりできないから体力は落ち、いい加減疲れて早く終わって~と思っていたのだけど

    そして、最後にきた症状はハートの痛み

    今までに感じたことのない痛みだったので、どう対処したらいいかわからず、とりあえずレメディーやエッセンス、ジェムストーンなど使ってみたものの変化がない。

    寝ていても痛みがあって眠れない。

    最後の5日間くらい続いたかな?肺の痛みもあったり、痛みの位置が移動してました。

    思っていた通り、冬至にはすっかりよくなって元気になっていたのですが、またまた年明けてすぐにきました。

    2020年のエネルギーになってまたエネルギー調整?!

    もう疲れたよぉ~

    年始熱を出し、またハートの痛みが来たりもしたけど1週間くらいで終わりスッキリしました!

    ホント今回は辛かった。

    まだ終わらないの?ちょっと休憩させてと思ったくらい

    約1か月半くらい、ほぼ料理という料理もできず、とにかく寝るのみでした。

    途中、珍しく病院へ行った方がいいのかな?と思ったけど、普通に薬出されて終わりだろうと

    冬は特に病院へは行きたくないからね。

    食べられなかったおかげで、少し前に来たメッセージ

    白砂糖はいらない、食べる量も少なくていいよ

    というのが実践できました。

    食べられるようになってからは、白砂糖を使ったものはまったく食べたいと思わなくなって、他の口にするものも添加物を使用していないだけでなく、抗生剤やホルモン剤など使用しているものもからだにいれたくないという思いが強くなりました。

    ホント食べたくなかったときは、匂いにもすごく敏感で電車の中でファストフードを持っている人や香水、たばこなどの匂いがとにかく気持ち悪く、近くにいるとよけていました。

    たまにこのような状態になったほうが体重が落ちてからだが軽くなっていいなぁ~とも思うけど、辛いのは嫌だな~

    もちろん普通に食べるようになったらもとには戻らないけど、体重は増えましたね。

    今はちょうどいい感じなので、このくらいを保つようにしよう!

    人と会うときのお店の選び方

    blogを再開してから、Facebookではつながっていない、外国人の友だちのことをふと思い出した。

    blogを再開してパソコンをさわるようになったからメールもiPhoneからではなく開くようになったのもあって、昔はGmailを外国人とのやり取りに使っていたのもあって、以前のメールを目にしたからどうしてるかな?昔のことを振り返りながらも思い出していたのもあって

    そのときに何人かメールをしてみたらすぐに返信がきて、日本に近いうちに行くと

    一人は来年に延期になったけど、オーストラリアに住む友だちが香港への出張に合わせて数日だけど日本に来ることになった。

    以前は日本に住む外国人や会社に出張で来ていた人や海外の友だちが日本にくるなどよくあったので、ある程度連れて行くところやお店など頭の中のにリストアップされていた。

    外国人に限らず、鎌倉に来る友人やら、お互いの都合にいい場所で会うときにあそこで会うならあのお店など、ある程度データベースが用意されていた(笑)。

    それが、食生活が変わったことで以前よく行っていたお店など口に合わなくなってしまったし、時代も変わったのでそのリスト、データベースがリセットボタンを押された感じ

    なので、誰かと会うとなるとリサーチから

    自分の食べたいもの、相手の食べたいもの、会うのに都合のいい場所、ランチなのかディナーなのか?話をするために騒がしくない場所なのか?などなどいろいろなことを考えて選ぶ

    普段からお腹を満たすために適当に近くにあるお店に入るという選択肢はない

    人と会うときも同じ、話ができればいいという理由でどこでもいいとはならない

    話をする空間も大切、食べるもの、飲むものも満たされた状態でいたいから

    最近は、昔にはなかったインスタで検索するという方法

    オンタイム、常に新しい情報を得られることができる

    ネットの検索で記事になっているものだといいことしか書かれてないし、情報も古い場合もある

    お店の情報は食べログで検索するけど、私はほとんど評価やコメントなどは見ないし参考にもしない。

    自分が行ったよかったお店は自分のデータたまにとして残すけど、人それぞれ好みが違うからコメントはしない。

    本当に気に入ったお店はblogなどに残すし、行ったデータとしてはインスタに記録

    地方へ行くことも多いので、行ったお店の情報を覚えきれないからね。

    たしかこの辺りだと思うけどくらいは思い出せても、お店の名前や場所などは明確ではないから

    で、なんで今日はこのテーマになったのか?

    今週末オーストラリアの友だちと会うことになったのだけど、どこで会うか?どこに行くか?をリサーチしていてたので

    朝会うことになったので、モーニングをしようということで、おいしいコーヒーが飲みたいということだったので、どこにしようかな~?とリサーチ

    朝、コーヒーというキーワードからイメージされるのは、カフェでのモーニング

    都内だと7時半ごろからオープンしているお店が多いし、パンケーキや卵を使ったメニュー、焼き立てパンが食べられるお店も多い

    いくつかピックアップして提案してみたけど、メールを書きながら、ん?こんなカフェオーストラリアにはたくさんあるか?和食のがいいのかな?

    と聞くと、やっぱり和食がいいと

    そうだよねぇ~、そうだった。

    以前日本に暮らしたことがあるけど、久しぶりの日本だから和食だよなぁ

    でも、都内で和食の朝食となるとチェーン店になってしまう。

    う~ん、どうしよう?

    以前日本にいたときに連れて行ったお店を覚えていて、私のセレクトを気に入ってくれているという

    旅館に宿泊すれば朝食で和食が食べられるけど、和定食となると市場へ行かないとなぁ~

    私がすぐに浮かぶのは、三浦の魚市場

    といっても、こっちまで来てもらうには時間がかかりすぎちゃうしなぁ

    あっ、そうか!

    豊洲市場があった!

    築地市場にもだいぶ前に1度くらいしか行ったことなかったので、すぐに浮かばなかった。

    さっそく提案してみると、そー、そこに行きたかった!と

    そうだよね、外国人が行くところと言えばここだったね。

    待ち合わせするには私も行ったことないところ

    羽田空港の近くにステイしているという

    ゆりかもめに乗るから新橋で待ち合わせ?

    でも、新橋だとわかりにくいかも?

    そうか、品川なら私も通るし、羽田からのアクセスもいい

    改札も限られているし、電車の種類も多くないから、待ち合わせもしやすいかも?

    こういうの久しぶりだけど、やっぱり楽しいなぁ~☆

    アセンションに向けて、食べるものの変化

    ヒーリングの仕事をするようになってからはエネルギーの変化によって、からだが欲する食べる量や食べるものにも変化がでるようになりました。

    どこかで災害がおきたときにはそこにエネルギーを送るために、たくさんのエネルギーが必要なので食欲が増したり、自分自身のエネルギーを入れ替えるために食欲がなくなり、食べ物を口にしなくなった時期もあったりしました。

    食生活を変え始めたころは、ただ単に自然派志向、添加物抜きという意識でやっていたけど、エネルギーを敏感に感じるようになってからはエネルギーの変化によって食べるもの量が変化するようになってきました。

    アセンションに向けて食べるものに変化が出てくることは知っていたけど、自分でそのように変えることなく自然に変わっていることを何回か感じたことがある。

    味覚が変わるから好みも変わってくるし、食べる量にも変化が

    バシャールは1日に5~7回に分けて少量ずつ食べたり、絶食することをすすめているけど、今はまだそこにはなれないなぁ~なんて話をしていたところ

    その翌朝、起きたときに受け取ったメッセージが、白砂糖はいらない、食べる量も少しでいいと

    あー、そうだよねーと思った。

    白砂糖はもう何年も前から自分で作るものには使わなくなってたけど、市販のもの外食するときには切り離せないもの

    もちろん自然食品のお店ならばキビ糖やてんさい糖を使用したものを食べることができるけど、毎回毎回そのようなお店に足を運ぶことはできないから

    何年か前には飲むものはお水ばかり飲んでる時期があったけど、いつからかお水を飲むことが減ってるなぁと感じていた。

    水筒で麦茶を持っていくことが多くなったのもあるけど、それがそのメッセージを受け取った日からお水を欲するようになった。

    お水は市販のものはおいしいと思えなく、湧き水がでているところではいつもいただいてくるようにしている。

    エッセンスに使用するから常に車の中には空のペットボトルが入ってるので(笑)。

    本当はペットボトルではなく、ビンのがいいのだけど重いから

    食べ物を変えるというとベジタリアン?ヴィーガン?などと言う人って多いけど、そのように頭を使って食べるのではなく、からだと対話していれば今何を欲しているのか?どんなエネルギーが必要なのかがわかるようになってくる。

    食べる量は必要なエネルギー量

    お肉はまったく食べないとかではなく、からだが欲しているときには食べる。

    お肉は一般的にスーパーで売られているものには抗生剤が使われているものが多いので、銘柄をチェックする。

    どんなお肉を選ぶかが大切で、どんな育てられ方をしているのか?どんなものを食べているのか?どんな環境で暮らしているのか?

    このことがエネルギーの質を変える。

    からだに取り入れるのであれば、いいエネルギーのものを取り入れたい。

    お肉だけでなくお野菜も同じことが言える

    お野菜は道の駅や市場、畑の売店などで購入するのがエネルギーが豊富

    一般的にスーパーで売られているものは遠くから陸路か空路で届いていることが多いから、その分移動にエネルギーを使われているから

    こうやってエネルギーのことを考えて食べるものをみるようにするとエネルギーのある食べ物はどんなものなのかがわかるようになってくる

    加工されたもの、添加物の使われているものはほぼエネルギーがないと思っていい。

    ちなみにエネルギーとカロリーは別物ね。

    天然のものは自然、大地のエネルギーがあるけど、人工的に作られたものにはエネルギーがない

    なので、そのようなものを食べてもお腹は一時的には満たされるけど、からだやこころは満たされることはない

    味覚や食べ物の変化の他に、アセンションに向けて私たちの肉体も変化する。

    細胞や脳までの変わるらしいけど

    肉体にでる変化についてはまた別の記事で書こうと思っていますが、興味ある方はこの本を読んでみるといいと思います!

    からだとこころを満たす食事、大地のエネルギーを感じる食材

    先日、鎌倉と名古屋の生徒さんで静岡に集合しました。

    静岡には何度か行っているいちご農園のカフェがあって、今の時期はメロンのメニューだけど、イチゴはフローズンのメニューがあります。

    初めて行ったときには1時間半くらい待ったかな?二回目は台風の時だったので、すんなり入れて

    今回はそこへ行くことがメインだったわけではないけど、とりあえず混み具合がどんななのか見てみてその先を決めようと行ってみたら、カフェの前の駐車場も空いてて、店内にもすぐに入ることができました。

    3連休の中日だというのに

    人の動きって行ってみないとわからないよね。

    集合してすぐだったので、お昼前

    朝パフェ!

    メロンパフェ♪

    前回は、このメロンパフェの後にフローズンいちごのメニューも食べたのでした(笑)!今回は、お昼前だったので控えめに

    お昼は、以前に静岡出身の友だちから聞いていた自然薯のお店へ

    宿場町だった丸子と書いてまいこと読む丸子宿にある丁子屋さん

    駐車場も広く、店内にはいろりがあったり、廊下があっていくつかの大広間になってました。

    自然薯の定食が品数が増えていき何種類かあったけど、一番ベーシックな定食にして一品料理をみんなでシェアしました。

    丸子定食
    むかごのから揚げ
    3種類(しいたけ、のり、タタミイワシ)の揚げとろ
    焼きとろ
    卵焼きに自然薯が入ってふわふわもっちりした食感

    麦とろご飯を食べだしたら、からだがどんどんあたとたまって汗をかき出しました。すべてのメニューに自然薯が使われているからか、すごいエネルギーを感じました。私だけ?と思って、口に出してみたら生徒さんたちも熱くなったと

    さすが自然薯、根菜類は特にエネルギーが豊富だけど、加熱していない自然薯はエネルギーがすごいんだなぁ~と体感しました。

    まさに、大地のエネルギーをいただいた感じでした。

    からだがエネルギーで満たされた感覚

    エネルギーを感じられるようになる前は、お腹を満たす食事をしていたけど、今はからだとこころを満たす食事を心がけてます。

    エネルギーのある食べ物なのか?

    見た目的には同じお野菜でも、その野菜がどんな風に育てられたのか?土地や環境、土や肥料、農薬を使う、使わない、どんな種から育てたのか?どんな人に育てられたのか?愛情をかけて育てているのか?

    その野菜が売られている場所によっても違って、畑によくある無人販売所、道の駅、市場、スーパー、八百屋さん、デパート、自然食品店、ネットetc…

    どんな経路で売られているのか?遠くから運ばれてきているかどうか?トラックなのか?飛行機なのか?輸送にどれくらいの時間がかかっているのか?などなど、自宅の冷蔵庫にある野菜がどこからどうやって来たのか?なんて考えたことありますか?

    そこに視点を向けてみると、こんだけ無数の経路があることがわかります。

    何年も前に富士山近くの市場で生のなめこを買ってきたことがあったんだけど、そのなめこをゆでて、おうどんとだったかなぁ~?食べたときに、エネルギーの強さにおどろいたことがありました。

    そのとき初めて、食べ物のエネルギーというものを感じたのです。

    やったことはないけど、同じお野菜を違うルートのところで買ってきて、食べ比べしてたらおもしろいだろうなぁ~と思う。

    普段の生活では、手軽に手に入るスーパーで買ってしまうことが多いけど、地方へ行ったときには道の駅や地元の市場で買ってきます。

    今はネットでまとめてオーガニックのお野菜を頼めたりするけど、私はまだ試したことがありません。

    やってみたいとは思っているけど、なかなかタイミングが難しいなぁ~と

    少しずつ買い足して料理しているから、まとめてくるとなるとだぶってしまうお野菜があったり、使いきれるのかな?などと考えちゃう。

    余計な事考えずとりあえずとってみてものだけど

    あとねー、食事って作る人のエネルギーも入るから工場で大量生産されたものにはエネルギーってないんだよね。カロリーという視点でのエネルギーはあるけど(笑)

    パンやお蕎麦など人が直接こねて作るものはこれがすごくよくわかる。

    作る人の状態、気持ち次第で料理のおいしさが変わる。

    イライラした状態でしょうがなく作るものと、誰かを思って満たされた状態で作るものでは同じ料理でもまったく違うものになる。

    同じ食材を使った状態でもね。

    なので、レストランとかでも味が変わったとかあったりするのはそのせいだったりする。

    私がみてきたなかでは、適度に楽しんでる人のお料理ってやっぱりおいしいんだよね。

    食材と対話できる人だったり、その素材の良さをひきだすことができる人

    このような視点がもてるようになって、食材やお料理をじてみるといろいろな発見があって楽しいですよ☆

    私のアンテナが反応したときには、そのお店のオーナーを魔女とか魔法使いと呼ぶようにしています(笑)。もちろん本人には言わないけどね。

    食材に限らず、エネルギーという視点で物事を見れるようになってくると面白い発見がいっぱいあって楽しいです!

    お腹を満たした後は、静岡浅間神社へお参り

    静岡浅間神社

    雨が強くなってきてしまったので、浅間神社しかお参りできなかったけど、ここの神社は7つくらいだったかな?それぞれお社があります。

    浅間神社というと富士山回りに多くあるのだけど、ここの静岡浅間神社はとても充実しています。

    御神水もいただくことができます。

    湧き水や御神水をいただけるところでは、いつもいただいてくるようにしています。今まで記録をつけていなかったけど、写真を撮るようにしよう!