ホーム » Ascension

Ascension」カテゴリーアーカイブ

最近のコメント

    カテゴリー

    2020年4月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  

    エネルギー調整での体調不良

    しばらく更新ができていませんでしたが、昨年11月後半から約1か月間もの間体調不良が続いてました。

    11月末にひさしぶりに仕事ではなく諏訪大社へ行った翌日から始まりました。

    諏訪大社へは、私が変容のをスタートしたころからのソウルシスターと行ったので、一緒に過ごす中でたくさんの気付きがありました。

    そのせいもあったから、翌朝目覚めたとききたきたと思いました。

    浄化や毒だしと以前はよく言ってたけど、今回はエネルギーの大きな変わり目でもあるからエネルギー調整もあるなと

    症状としては、節々が痛く、寒気、微熱、食欲はなくなり、とにかく寝る

    過去の変容時によくあった、寝ている間にすごい汗をかくなど

    以前にも何回かエネルギーの変わり目に体調不良になることがあったのだけど、そのときはとにかく頭痛と熱だった。

    そのときは長くても2週間くらいだったけど、それでも長く感じていました。

    今回もそれくらいで終わると思っていたけど、なかなか終わらない。

    まあ、冬至までには終わるだろうと思ってとりあえず寝まくっていました。

    仕事には行ってたけど、食事もあまりできないから体力は落ち、いい加減疲れて早く終わって~と思っていたのだけど

    そして、最後にきた症状はハートの痛み

    今までに感じたことのない痛みだったので、どう対処したらいいかわからず、とりあえずレメディーやエッセンス、ジェムストーンなど使ってみたものの変化がない。

    寝ていても痛みがあって眠れない。

    最後の5日間くらい続いたかな?肺の痛みもあったり、痛みの位置が移動してました。

    思っていた通り、冬至にはすっかりよくなって元気になっていたのですが、またまた年明けてすぐにきました。

    2020年のエネルギーになってまたエネルギー調整?!

    もう疲れたよぉ~

    年始熱を出し、またハートの痛みが来たりもしたけど1週間くらいで終わりスッキリしました!

    ホント今回は辛かった。

    まだ終わらないの?ちょっと休憩させてと思ったくらい

    約1か月半くらい、ほぼ料理という料理もできず、とにかく寝るのみでした。

    途中、珍しく病院へ行った方がいいのかな?と思ったけど、普通に薬出されて終わりだろうと

    冬は特に病院へは行きたくないからね。

    食べられなかったおかげで、少し前に来たメッセージ

    白砂糖はいらない、食べる量も少なくていいよ

    というのが実践できました。

    食べられるようになってからは、白砂糖を使ったものはまったく食べたいと思わなくなって、他の口にするものも添加物を使用していないだけでなく、抗生剤やホルモン剤など使用しているものもからだにいれたくないという思いが強くなりました。

    ホント食べたくなかったときは、匂いにもすごく敏感で電車の中でファストフードを持っている人や香水、たばこなどの匂いがとにかく気持ち悪く、近くにいるとよけていました。

    たまにこのような状態になったほうが体重が落ちてからだが軽くなっていいなぁ~とも思うけど、辛いのは嫌だな~

    もちろん普通に食べるようになったらもとには戻らないけど、体重は増えましたね。

    今はちょうどいい感じなので、このくらいを保つようにしよう!

    アセンションに向けて、食べるものの変化

    ヒーリングの仕事をするようになってからはエネルギーの変化によって、からだが欲する食べる量や食べるものにも変化がでるようになりました。

    どこかで災害がおきたときにはそこにエネルギーを送るために、たくさんのエネルギーが必要なので食欲が増したり、自分自身のエネルギーを入れ替えるために食欲がなくなり、食べ物を口にしなくなった時期もあったりしました。

    食生活を変え始めたころは、ただ単に自然派志向、添加物抜きという意識でやっていたけど、エネルギーを敏感に感じるようになってからはエネルギーの変化によって食べるもの量が変化するようになってきました。

    アセンションに向けて食べるものに変化が出てくることは知っていたけど、自分でそのように変えることなく自然に変わっていることを何回か感じたことがある。

    味覚が変わるから好みも変わってくるし、食べる量にも変化が

    バシャールは1日に5~7回に分けて少量ずつ食べたり、絶食することをすすめているけど、今はまだそこにはなれないなぁ~なんて話をしていたところ

    その翌朝、起きたときに受け取ったメッセージが、白砂糖はいらない、食べる量も少しでいいと

    あー、そうだよねーと思った。

    白砂糖はもう何年も前から自分で作るものには使わなくなってたけど、市販のもの外食するときには切り離せないもの

    もちろん自然食品のお店ならばキビ糖やてんさい糖を使用したものを食べることができるけど、毎回毎回そのようなお店に足を運ぶことはできないから

    何年か前には飲むものはお水ばかり飲んでる時期があったけど、いつからかお水を飲むことが減ってるなぁと感じていた。

    水筒で麦茶を持っていくことが多くなったのもあるけど、それがそのメッセージを受け取った日からお水を欲するようになった。

    お水は市販のものはおいしいと思えなく、湧き水がでているところではいつもいただいてくるようにしている。

    エッセンスに使用するから常に車の中には空のペットボトルが入ってるので(笑)。

    本当はペットボトルではなく、ビンのがいいのだけど重いから

    食べ物を変えるというとベジタリアン?ヴィーガン?などと言う人って多いけど、そのように頭を使って食べるのではなく、からだと対話していれば今何を欲しているのか?どんなエネルギーが必要なのかがわかるようになってくる。

    食べる量は必要なエネルギー量

    お肉はまったく食べないとかではなく、からだが欲しているときには食べる。

    お肉は一般的にスーパーで売られているものには抗生剤が使われているものが多いので、銘柄をチェックする。

    どんなお肉を選ぶかが大切で、どんな育てられ方をしているのか?どんなものを食べているのか?どんな環境で暮らしているのか?

    このことがエネルギーの質を変える。

    からだに取り入れるのであれば、いいエネルギーのものを取り入れたい。

    お肉だけでなくお野菜も同じことが言える

    お野菜は道の駅や市場、畑の売店などで購入するのがエネルギーが豊富

    一般的にスーパーで売られているものは遠くから陸路か空路で届いていることが多いから、その分移動にエネルギーを使われているから

    こうやってエネルギーのことを考えて食べるものをみるようにするとエネルギーのある食べ物はどんなものなのかがわかるようになってくる

    加工されたもの、添加物の使われているものはほぼエネルギーがないと思っていい。

    ちなみにエネルギーとカロリーは別物ね。

    天然のものは自然、大地のエネルギーがあるけど、人工的に作られたものにはエネルギーがない

    なので、そのようなものを食べてもお腹は一時的には満たされるけど、からだやこころは満たされることはない

    味覚や食べ物の変化の他に、アセンションに向けて私たちの肉体も変化する。

    細胞や脳までの変わるらしいけど

    肉体にでる変化についてはまた別の記事で書こうと思っていますが、興味ある方はこの本を読んでみるといいと思います!