ホーム » introduction » 自然療法を取り入れて、食生活などライフスタイルの変化

最近のコメント

    カテゴリー

    2019年8月
        9月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  

    自然療法を取り入れて、食生活などライフスタイルの変化

    Pocket

    スピリチュアルに意識が行くようになるのと同時に、食生活などライフスタイルも大きく変化していきました。

    朝はパンにカフェオレ、パンが大好きだったのでいろいろなパン屋さんへ行き、食パンの他菓子パンやハード系のパンなどいろいろ食べてました。飲み物は牛乳をたっぷりいれたカフェオレで、どこの牛乳を飲んでいたのか覚えていないけど、違いがあることも知らなかったので、メジャーなメーカーのものを飲んでいたと思う。白砂糖がよくないものとも知らず、小麦粉だって、こだわって作っているパン屋さんにこだわっていたわけでもなかった。パンだけでなく、ケーキなど普通に白砂糖を使ったスイーツもよく食べてたなぁ~

    もともとカップラーメンやスナック菓子を食べる習慣はなかったけど、チーズなど多く使うメキシカン、イタリアン、アメリカンなフードを好んでいたかな?小麦、白砂糖、乳製品まみれ

    まずすぐにやったのが白砂糖、乳製品、カフェインを抜くこと

    カフェインと乳製品を抜くには飲むものをハーブティーへ切り替え、パンは抜くことができなかったけど、天然酵母など使用している素材にこだわったパン屋さんのものを自然食品店で購入するように

    初めのうち買い物は、できるだけ自然食品店でするようにしてみました。今までスーパーでみかけたことのないものばかり。基本的には調味料を変えて、お野菜は無農薬、お肉は食べない、玄米へ

    初めて料理を自分でするときのように新たな気持ちで

    初めの移行期は好転反応とかあったっけな?玄米を食べ始めて

    肌つやがよくなったり、からだが軽くなる感覚があったのは覚えている

    口から入れるものだけでなく、肌や皮膚につけるものも保存料など入っていないシンプルなものへ移行。化粧品、洗剤、石けん、シャンプー、洗濯洗剤、お掃除洗剤もすべて

    アロマを習いに行くようになってからは、化粧水、クリーム、リップなどはすべて手作り

    もともとそれほど病院へ行くことは少なかったけど、花粉症は中学生のころからひどかったので、 薬がよくないなんてことは知らず 毎年1月ごろから4月ごろまでは薬を飲んでましたね。よくないことを知ってからは薬を飲むことはやめ、今では花粉症も克服しちゃいました。

    変化し始めたころは、定期的に整体やマッサージ、気功など受けていたし、ヨガもやりはじめて、からだのメンテナンスは意識してするようになっていました。

    外食はほぼせず、行くとしても自然食系(まだそのころは少なかったけど都内で働いていたので近くでいけるお店がありました。)

    自然食品のお店もなぜかいくつか働いていた会社の駅にあったり、鎌倉にも何軒かあったのでそこに通ってました。自然食品のお店へ通うようになり、商品を知ってくるとスーパーでも手に入るものがわかるようになってきます。表示の見方だったり、これはこだわりの商品だろうと見る目がついてくるので、手軽に買える商品も増えてきます。

    食生活を変え始めて15年くらいになりますが、こだわるポイントが変わってきたり、舌も超え、エネルギーのある食べ物とかもわかるようになって、選び方も自分流ができあがってきています。

    今は外食するときにはそれほどこだわらないけど、本当においしいと思うお店にしか行かなくなりました。妥協はしない(お腹がすいたからとりあえず何かたべて済ますということはしない)

    遠出していてSAでしか食べるところがないといには食べないか、高速に乗る前に美味しいパン屋さんで買っておくとかするようになりました。妥協してお腹を満たそうとしても結局満足できずがっかり感が残るから

    宿泊するときも宿にあるシャンプーは歯磨き粉など使えないから必ず持参する。ビジネスホテルでの朝食バイキングもがっかりするだけなので付けないか、ついていても食べない。

    飲みの席で困るのが飲み物、お酒はまったく飲まないのだけど、となるとジュースかウーロン茶になる。スパークリングのお水があればいいけど、炭酸系のジュースや偽物のジュース、販売されているウーロン茶などは口に入れたくないんだよね。お水で充分なんだけど、なかなかそれも言いにくい。でも、最近は本当に適当なものを飲みたくないから言えるようになった(笑)。

    最近は本当に感じ悪いのはわかっているけど、初めてのお店やいちを外向きにはこだわっているようなお店へ行くと、どんな素材をしようしているのかをしつこく聞いてしまう。白砂糖なのか?キビ糖なのか?甜菜糖なのか?だったり、最近は農園カフェで旬のフルールのパフェを食べるのがマイブームなのだけど、ここでもこだわりが出ちゃうのです。せっかくフレッシュな果物を使っているのに、混ざりもののホイップクリームを使われているとがっかしちゃう。生乳100%にしてほしいけど、それが無理ならばソフトクリームにしてクリームなしのがいい。アイスも混ざりものの多いものだとがっかり。手作りのジェラートとかだったらうれしいけど、それもなかなかスイーツに力をいれているお店でなければ難しい。

    何年か前にスイーツのお店で製造のバイトをしたことがあったのだけど、そのときに偽物のクリームがあることを知りました。変な味のするホイップがあるなとは思っていたけど、成分を調べるまでこだわってなかったけど、そこのお店で初めて見た商品名のパックをみたときに成分を見て驚いたことを覚えている。なにこれ?こんなわけのわからないものが入っているの?こんなもの使っていいのだろうか?ってね。ポーションのコーヒークリームもそうだけ

    ど、普通に商品となって売っているものが偽物、からだにはよくない成分が入っているだなんてしらなければわからないことだよね。

    選択する自分の責任

    本物も素材のおいしさ知ってしまったら、もう戻れない。もちろんそのような食生活に戻りたいとも思わないけど

    なんのためにしてるのか?自分が心地いいから、ただそれだけ


    コメントする

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です